研究

RIHDSは研究を活発に行います

疫学、公衆衛生、薬剤疫学など様々な分野でデータを必要としています。また、医療経済やソーシャルキャピタルといった新しい分野でのデータ活用が求められています。レセプトや健診データを中心としたヘルスケアのビッグデータは拡大する中で、医療・ヘルスケア関連のデータを安全に整備し、安心して活用できる研究プラットフォームが整備されています。当研究所では、社会的要請に応えるために多様な分野の研究を推進し、研究成果の発信を活発に行える研究機関を目指します。

研究相談

RIHDSは研究設計等のアドバイスを行います

アカデミアはもとより、製薬会社、医療機器会社、ヘルスケア産業、さらに保健事業を現場で支える人々が、よりよい成果を上げるための研究活動を支援します。

研究体制

RIHDSの研究体制および倫理審査体制

当研究所は株式会社日本医療データセンターのデータ支援を受け運営されていますが、特定の立場や理論に偏ることなく、研究結果で得られた事実を客観的かつ真摯に受け止める立場を堅持します。
  • アカデミアで活躍する豊富で多彩な研究メンバー
  • 研究企画・編集委員会、倫理審査委員会を設置

メンバーのご紹介

倫理審査のご依頼

養成

RIHDSは人材養成活動を推進します

社会福祉、ヘルスケア、医療の質向上と効率化にはデータ分析力とデータ活用力が不可欠。
当研究所では福祉・ヘルスケア・医療に関わる様々なデータを利活用し、各分野の施策に生かすことのできる実践力のあるデータサイエンティスト(データによる実践家)の養成をめざし、各分野の専門家と実践家による講座を行います。
基礎統計から応用まで幅広く学べる場を目指します。

実践

RIHDS はデータ環境を整備したい人を支援します

電子化されたデータがあっても簡単には使いこなせないのが医療・ヘルスケアのデータ。
データの取得や整理に時間を使うよりも、アウトプットの解釈とアクションにリソースを使いたいものです。レセプト等のデータに関する困りごと相談を受け付けて、実際的なアドバイスを行うことでデータ活用者や事例の増加を応援します。